それぞれの病気には適したお薬があります。

トップページ

当サイト「お薬の服用レポート」では、もし何らかの病気にかかってしまった場合に備えて、薬の飲み方や、基礎知識をつけるべく、情報を提供しています。
また、いま現在、お薬を服用されている方の口コミの体験談も掲載していますので、参考としていただければ幸いです。

市販薬も処方薬も正しい服用法で。

どんなに健康な人でもたいてい年に何度かお世話になる機会がある「薬」。
意外と、正しい服用方法を知らずに飲んでいる方が多いようです。
まずは食前、食後、食間などの指示があるものは必ず服用タイミングを守りましょう。空腹時だと作用が強すぎてしまう薬、または血中濃度が緩やかな食間に飲んだほうがいい薬などその目的と作用によって適したタイミングは様々です。中には食事ではなく「何時間ごと」に飲まなくてはならない物もありますが、これは体内の薬の成分を常に一定に保つためなので決められた間隔で忘れずに飲みましょう。

飲み方や保管方法

基本的には水かぬるま湯だと吸収しやすくなるので、普通の錠剤や粉薬の場合はこの飲み方が推奨されています。
チュアブル錠やトローチはこの限りではありません。
薬の保管は品質が劣化しない冷暗所で保管するのが基本です。
このあたりは、市販薬でも病院の処方薬でも共通ですが気をつけないといけないのは保管しておける期間、つまり薬の賞味期限です。
有効期限について
市販薬は箱に記載があるものがほとんどですが、病院で処方される大半の薬の場合は基本的に指示された期間内に飲みきるものです。
7日分処方されて途中で症状が改善されたので自己判断で飲むのをやめた、というのはよくあるケースですが、処方薬はその時の自分の症状に合わせて出されたもので、次に似たような症状があってもその薬が有効かどうかは分かりません。
どうしても、という場合は一年が目安だと考えてください。ただし、服用の際はすべて自己責任となりますのでそこはお忘れなく。
飲み合わせについて
薬とお食事の飲み合わせは、普通の風邪薬程度ならあまり気にしなくてもいいのですが中には相互作用で薬の効果を妨げてしまうものもあります。
有名なところでは血栓症予防のワーファリン、これは納豆などの食品と一緒に取るのは好ましくないとされており注意が必要です。
アルコールはいついかなる場合も薬との併用は禁忌になっています。
近頃ネット通販でも購入しやすくなったお薬ですが、3段階に分かれた安全度のうち、今まで対面でしか販売できないとされていた1,2類の薬のネット販売も解禁され物議を醸しています。
服用者の安全を考えると医師や薬剤師が反対する気持ちもわかりますが、その反面離島などで近くに薬局がない方たちにとっては救いの手です。
私たちが薬の正しい服用方法を守りネット販売での安全性を証明できれば今後も規制が緩やかになる可能性もあります。
正しい薬の服用方法、もう一度復習してみましょう。
おすすめサイト
  • 最近は海外から個人輸入でも入手が可能になったレビトラを求める男性が増加している傾向にあります。
  • もう一人で悩まないでください。借金問題に関するお悩みをお聞きします。まずは債務整理 名古屋の無料相談をご利用ください
  • 頭皮環境の改善が脱毛を予防し、発毛を促進するポイントです。抜け毛の予防に大きな効果を持つスカルプシャンプーの情報ページがコチラです。
  • 最安値で引越しをしたいなら、無料の一括見積りサイトを使うのが効率的でベストです。一度に数十社を比較できるので、自分に最も合った引越し業者がすぐに見つかります。